食と健康の総合サイト e840.net

食育やダイエットからメタボ対策まで管理栄養士が無料で栄養アドバイス
食と健康の総合サイト e840.net

食と健康の総合サイト e840.net
食中毒 血液検査 ビタミン ミネラル e840.net お問い合わせ

アレルギー症状と健康

アレルギー症状と健康

 食事を取った後に、皮膚のかゆみ、発心、湿疹、じんましん、せき、下痢、嘔吐などが代表的な症状で発熱や、呼吸困難などの重篤な症状(アナフィラキシーショック)を引き起こすこともあります。

食物アレルギーの原因

アレルギー反応は、“抗原”(アレルゲン)と呼ばれるアレルギーのもとになるものを摂取することで起こります。 抗原が体の中に入ると“抗体”ができ、そこへ再び抗原となるものを摂取すると、抗原と抗体が結びつき、アレルギー反応が起こります。
抗原となりやすい食物成分はタンパク質。タンパク質ですべての人がアレルギーを起こすわけではなく、起こしやすい人と、そうでない人がいます。またアレルギー体質は遺伝するといわれています。

食物アレルギーの食事療法

食物アレルギーの治療は、「除去食療法」が基本になります。これは、原因となる食物を摂取しないことで、できるかぎり普通の生活が送れるようにすることを目的としています。除去食を行う場合は、まず正しい診断のもとに除去する食物アレルゲンの種類を確認することが重要となります。年齢が小さいときは、IgE抗体値の高さと症状が関連する傾向がみられますが、成長するにしたがい、その関連性は少なくなるといわれています。したがって、IgE抗体の数値だけで除去食物を判断するのではなく、どの食品をどの程度除去するのかは、医師とよく相談が必要となります。

アレルギーの原因食品一覧

0歳 1歳 2~3歳 4~6歳 7~19歳 20歳以上
1位 鶏卵 鶏卵 鶏卵 鶏卵 甲殻類 甲殻類
2位 乳製品 乳製品 乳製品 乳製品 鶏卵 小麦
3位 小麦 小麦 小麦 甲殻類 そば 果物類
4位 - 魚卵 魚卵 果物類 小麦 魚卵
5位 - 魚類 魚類 ピーナッツ 果物類 そば

アレルゲンの除去ポイント

卵・および卵加工品によるアレルギー

除去対象食品 代替え食品
最も強い 生卵 ・蛋白源として肉類、魚介類
大豆製品
強い ・卵料理
 卵焼き、茶碗蒸しなど
・マヨネーズ
・生卵が使われているデザート
 ミルクセーキ、アイスクリームなど
・肉料理、魚料理
大豆製品を利用した料理

・和菓子、ゼリー、寒天など
やや強い ・卵を多く使った洋菓子
 カステラ、ケーキ、ホットケーキなど
・魚肉加工品、水産練り製品
 ハム・ウインナー、ちくわ、はんぺんなど
・和菓子類
・卵を使用しない手作りケーキ。蒸しパンなど
・手作りソーセージ、ちくわなど
弱い ・卵を使った菓子類
 卵を塗ったせんべい、ビスケット、菓子パンなど
・卵をつなぎで使用
 食パン、揚げ物の衣、天ぷら粉、中華そばなど
 
・卵を使用しない手作りケーキ。

・純粋な小麦粉や片栗粉、コンスターチなどでつなぎを作る。

牛乳・乳製品によるアレルギー

除去対象食品 代替え食品
最も強い ・牛乳 ・蛋白源として肉類、魚介類
大豆製品
強い ・乳児用粉ミルク
・生クリーム、コーヒー牛乳、フルーツ牛乳
・チーズ
・牛乳使用のデザート類
 プリン、アイスクリーム、ミルクセーキなど
・アレルギー用ミルク


・和菓子類
やや強い ・ヨーグルト
・バター、マーガリン
・牛乳を多く使った洋菓子類
 カステラ、ケーキなど
・乳酸菌飲料
・牛乳を使用した料理
 シチュー、ポタージュなど

・なたねマーガリン
・牛乳、生クリームを使わない手作り菓子。

・アレルギー用ミルクを利用した料理
・肉料理、魚料理、大豆料理など
弱い ・牛乳入りの菓子
 ビスケット、チョコレート、キャラメルなど
・つなぎに入っているもの
 パン類、ウエハース、ウインナーソーセージなど
・牛乳、生クリームを使わない手作り菓子

・手作りソーセージ、自家製カレールウなど

大豆および大豆によるアレルギー

除去対象食品 代替え食品
強い ・大豆、枝豆、おから
・ピーナッツ
・植物油
・マーガリン
・インスタントカレールウ
・ピーナッツバター
・チョコレート、ココア
・インスタント食品
・油を使った菓子類
 スナック菓子など
・タンパク質源として、肉類、魚介類など
・菜種油

・なたねマーガリン
・アレルギー用カレールウ
やや強い ・納豆、きな粉
・あんを使った菓子類
・コーラ類
・みつまめ、あんみつ
・乾燥果実類
・白玉団子、いもようかん
弱い ・小豆などの豆類
・投入
・豆腐類、焼き豆腐、油揚げ、がんもどきなど
・味噌、しょうゆ
・木の実、乾燥果実類
・牛乳
・タンパク質源として、肉類、魚介類など
・大豆以外でつくった味噌、しょうゆ
・ほしのり

 

●市販のアレルギー食品の利用

牛乳や大豆などのアレルギーに対応したミルク、パン、しょうゆなどが市販されていますのでそちらを利用していただくとよいでしょう。

 (例)
  ・牛乳アレルギー用ミルク
  ・ミルクノンパン
  ・大豆ノンしょうゆ
  ・ミルクノンビスケット
  ・ヒエしょうゆ


●加工食品や菓子類はあらかじめ表示を確認しましょう

厚生労働省では、卵、乳、小麦、そば、落花生の5品目について指定原料名として記載が義務付けられています。
食育について
食育.食事のバランスと適量 食事のバランスと適量
食育.成長期の適量の基礎知識 成長期の適量の基礎知識
食育.心身の発達と食習慣 心身の発達と食習慣
食育.病気にならない食事 病気にならない食事
   丈夫な骨を作る食事
   食欲不振の時の食事
   便秘の時の食事
   下痢の時の食事
   食物アレルギーの食事
   メタボリックシンドロームを防ぐ
   思春期のやせへのアプローチ
食育.食べた物はどこに行く? 食べた物はどこへ行く?
食育.食の安全対策 食の安全対策
前に戻る  <<  食物アレルギーの食事  >>  次に進む

トップ・ページに戻る

ダイエット メタボ 食事バランスガイド
ダイエット方法 栄養士と栄養士がおすすめするダイエット方法を紹介します。無理なダイエットは辛く長続きしません。ダイエットのポイントは、長続きさせる事!正しいダイエット知識で綺麗に痩せましょう メタボ対策 ちょっと昔は、カッコ良かったあなたも年齢とともにダンダンと中年太りになり、血圧、血糖値が高くなりましたら注意信号です。早め早めの対処で正しい体重にダイエットをしましょう。 食事バランスガイド
病気と栄養 健康診断
病気と栄養(食事療法) 色々な病気になった時に食事は治療を早めたり、回復させたりする力があります。逆に病気になった時に控えなければいけないものもあります。食事は毒にも薬にもなります。 生活習慣病(メタボ検診)の血液検査などの検査結果をチェック 気になる生活習慣病検診(メタボ検診)や健康診断結果について栄養士が解説しています。メタボ体系になったら少しダイエットを考えましょう。 栄養辞典では抗酸化物質以外も説明 食育
ノロウイルス
ノロウイルス 毎年11月から翌年2月はノロウイルスが大流行いたします。特に食材の十分な加熱と手洗いの実施が重要です。また日頃の健康管理もチェックしましょう。 衛生栄養博士の大辞典 健康相談窓口
夕ご飯
献立の基本 献立の基本
美味しいお米の炊き方 美味しいお米の炊き方
ダシ出汁 ダシ出汁
調味料 調味料
メニュー集 メニュー集
裏ミシュラン 裏ミシュラン
リンク集 リンク集
健康と栄養辞典
ビタミン ビタミン
ミネラル ミネラル
ボツリヌス菌食中毒以外も説明 ボツリヌス菌食中毒以外も説明
サプリメント 血液辞典
サプリメント サプリメント
漢方薬 漢方薬
放射能 放射能
栄養士と管理栄養士
国家試験 国家試験
e840.netについて
お問い合わせ お問い合わせ
サイトポリシー サイトポリシー
管理人について 管理人について

Copyright e840.net All rights reserved. 2013.2