食育を管理栄養士が説明|食と健康の総合サイト 食育を管理栄養士が説明

食育を管理栄養士が説明

最近、食育という言葉を色々な所で聞くようになりました。近年、国民の食生活が、食べ物が豊富で好きな時に食べれるなど環境が大きく変化しています。その影響が、栄養の偏り、不規則な食事、肥満や生活習慣病の増加、食の海外への依存、伝統的な食文化の危機、食の安全等、様々な問題が生じています。特に成長期に不規則な食生活は、その後の成長にも大きく影響し疾病などの原因にもなります。この様な問題を解決する為に古くから言われている「食育」に注目し、国も推進するようになりました。「食育」は、食育基本法で定義されており、「食育を、生きる上での基本であって、知育、徳育及び体育の基礎となるべきものと位置付けるとともに、様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てる食育を推進することが求められている」としています。ここのページでは、管理栄養士が食育について説明しています。

食育基本法とは

食育は、食育基本法の基に次世代を担う子供達の心と体を健全にし、すべての国民が心身の健康を確保し、生涯にわたって生き生きと暮らすことができるようにすることが大切であると定義づけている。豊かな人間性を醸成するのは、必要な栄養素をバランス良く摂取し健康的な身体をつくり、家族がそろって食事をする家族団らんの時間が知育、道徳を身に付けています。この様に食事が子どもたちに対する食育は、心身の成長及び人格の形成に大きな影響を及ぼし、生涯にわたって健全な心と身体を培い豊かな人間性をはぐくんでいく基礎となるものです。我が国の国民一人一人が「食」について改めて意識を高め、自然の恩恵や「食」に関わる人々の様々な活動への感謝の念や理解を深めつつ、「食」に関して信頼できる情報に基づく適切な判断を行う能力を身に付けることによって、心身の健康を増進する健全な食生活を実践するために、家庭、学校、保育所、地域等を中心に、国民運動として、食育の推進に取り組んでいくことが課題です。この様な背景から食育について、基本理念を明らかにしてその方向性を示し、国、地方公共団体及び国民の食育の推進に関する取組を総合的かつ計画的に推進するため、この法律を制定されました。

明治時代には食育の基本的な考えがあった

食育は、明治時代の料理小説『食道楽』(村井弦斎)・秋の巻に、「小児には、徳育、知育、体育よりも食育が先」とあり、子供に対する食教育の重要性が説かれていることに由来します。近年、服部幸應などが政府や団体に働き掛け、食育が見直されてきました。この様な働きかけが、幼児・学童期の人間形成や健康な食生活と食習慣の確立に役立てようとする教育運動に発展し「栄養教諭」も創設されました。食育基本法も制定(2006年施行)され、06年から食育が授業科目に加わり、家族の団らんや人間関係の融和、郷土理解や地産地消活動、食料の自給率や安全性、食生活の改善と健康増進、料理の楽しさの理解などを、食を通して知識を深めています。文部科学省は、6月を食育月間、毎月19日を食育の日と定めています。

食育の基本的な考えは3つ

食育のポイント「健康に食べる力」

生命の維持や成長、健康維持、生活や運動などの身体活動をする上で必要な栄養素をバランスよくとる力を指します。子供が健全な発育、発達するためには、体の大きさにくらべて、たくさんの栄養が必要となります。しかし、多すぎれば、大人になってから、生活習慣病の原因となる肥満の原因となります。大切なことは過不足なく、栄養バランスのとれた食事することにあります。「健康に食べる力」を身に付ける為には「日本型食生活の良さを知る」「栄養バランス適量な食生活をする」「早寝早起き美味しいごはんを食べる」の3つがあります。本型食生活とは、コメ食を中心とした食事を見直し、野菜を多く摂ることによって炭水化物中心の食物繊維が豊富な食事で肥満・生活習慣病予防につながります。栄養バランス適量な食生活は、現代の食生活は、栄養・塩分を過剰に摂取し、バランスが偏りやすくなっています。主食・主菜・副菜がそろったバランスのよい食事と、自分にあった量を食べることが必要です。早寝早起き美味しいごはんを食べるは、3食規則正しい食事をすることで体調がよくなります。朝食は1日の始まりの重要な栄養であり、朝食も主食・主菜・副菜をそろえておいしく食べられることが大切です。  

食育のポイント「楽しく食べる力」

食事で大切なことは栄養バランスともうひとつ、楽しく食べることにあります。食事は栄養だけの問題ではなく脳や精神面の発達に大きくかかわっています。楽しく食べることにより、食欲や体調、食事内容、食卓の雰囲気など食生活全般の生活の質(QOL)の向上につながります。家族や友達との共食や様々な人との食文化の交流などを通して、生きる楽しさや知恵、マナーなどを学ぶことが大切です。

食育のポイント「環境にやさしく食べる力」

 私たちヒトが、食事をとるためには、その食事を提供してくれている地球が健康であることが必須条件となります。地球が病気となれば、私たちは、食べ物を得ることができなくなります。地球の健康を考えるためには、自然環境を維持する力、自然と共生していく力が大切となります。

管理栄養士が食育について詳しく解説

食事のバランスと適量

私たちの周りには、様々な食品があり、好きな時に好きなものを好きなだけ食べる事ができます。しかし、好きな物だけ食べては偏った食事になり肥満や痩せの原因になります。バランスの良い食事を心がけましょう。

成長期の適量の基礎知識

学童期をはじめとする成長期には、体の骨格が急成長します。その際に成長に必要な多くの栄養素を必要とします。しっかりした体を作る為、必要な栄養素はしっかり食事から補給するようにしましょう。

心身の発達と食習慣

食事は、空腹を満たすものと現代の若い人たちは思いがちですが、食事は家族団らんの場でもあります。できるだけ家族で一緒に食事をするようにしましょう。

病気にならない食事

古くから中国では、医食同源という言葉があり、食事は治療の一部であると考えられてきました。しかし、現代社会では過剰な栄養摂取は病気の原因でもあり正しい栄養管理が必要です。

食べた物はどこへ行く?

私たちが食事で摂取したものは、胃腸で消化・吸収をされます。そして、消化吸収されなかったものは便として排泄されます。便の状態で体調を知ることもできます。

食の安全対策

毎日の食事が安全で安心して楽しめるように色々な仕組みで衛生的な食品を供給する事ができます。そんな仕組みについて説明をしています。